SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< サクラダファミリアに会ってしまった。 | main | スペインからフランスへ帰る >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.03.16 Monday  | - | - | - | 

ピカソは天才少年だった。

朝、カテドラルを見に行くことに。

カテドラル自体を保護するためなんだろうけど、ろうそくが電気式で、なんだか残念だった。初めて見たよ。こんなの。

ピカソ美術館へ着いたのは、10時ちょいすぎ。少しだけ並ぶ。
前方に日本人の女の子二人組みを発見。おぉ、スペイン旅仲間だ。と勝手に思う。
写真NGだったのだけど、ピカソの少年時代(バルセロナ時代)の作品とその後のパリ時代への移り変わりなどを見れるところでした。
ピカソのお父さんって、美術学校の先生だったんだって。
有名な作品も多く、陶磁器の作品もたくさん置いてあった。
ピカソが15歳のときに書いた作品とか、これが15歳の作品かよ。とびっくりするような出来栄えであった。
私の陳腐な絵に比べたら…才能って違うのね。

最後には、ピカソのラス・メニーナスの解釈の絵がたくさん。
ゲルニカを思わせる絵に変わっていったピカソの絵の遍歴を見ることができました。
写真はバルセロナの広場にあるピカソの壁画。こんなところに突然作品があるところがステキなバルセロナ。

ピカソ美術館を後にして、街や港をふらふら。



セントマリーデルマル教会に寄って、地下鉄で、オリンピック公園へ。
オリンピック公園の近くには、バルセロナの国立美術館が入っている建物が。
なんの建物だったのかは分からないのだけど、なんだかものすごいゴージャスな建物でした。
高台にあるので、バルセロナの街並みがよく見渡せる。
私が小学生だった頃に、聖火が灯された聖火台。

陽もすっかり沈んだのに、バルセロナは元気な街だった。
バルセロナに来たんだから、パエリア!と思って、パエリアを適当なレストランで食べた夕飯。
その後、お腹を壊して夜中まで苦しんだ。。。
きっと、良い物を食べて生活してたから、身体が拒否反応起こしたんだ。
2011.11.19 Saturday 05:35 | comments(2) | trackbacks(0) | (働&休) | 

スポンサーサイト

2015.03.16 Monday 05:35 | - | - | - | 
kana (2011/12/01 11:15 AM)
えぇ〜!?パエリアで拒否反応!?まじかいな。
アヴィニョンでいろいろ食べた時は全く問題なかったのに、、
みに。 (2011/12/04 5:13 AM)
そうなのよ。身体は1ヶ月くらいで変わるのかなぁ?

そんなアヴィニヨンに今日は行ってきました。時計の広場のとこで、クリスマス市やってたのだ。
きれいだったよー。









<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>