SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< ドルドーニュ川で鶏たちと暮らす | main | オリーブ収穫! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.03.16 Monday  | - | - | - | 

最近の悩み。

誕生日を迎えて、はて、最近の悩みといえば。

「食」

日本にいた頃は、何を自分が食べているか。
自分が食べているものがどんな風に作られているか。
なんて、あんまり考えずに食べていたように思う。

フランスでもブルターニュの農場以前(9月まで)はそうだった。
なるべくBIOのものを食べる。というスタンスではいたけど、BIOに強くこだわっているところで生活する機会が少なかったし、そういうこだわりのある人には出会っていたものの、自分の考えまでは及んでいなかった。

ブルターニュの農場で、羊を捌くのを見て以来、「肉を食べること」の意味についてずっと考えている。
羊を捌くのが可愛そうだとか、悲惨だとか思ったのではなくて、
とても大変なことだと思った。
羊を一匹捌く。このために大人が二人、朝から2時間ほどかける。

この羊は、私も10日間ほどほんの数m先で生活していた羊さん。
農場のみんなが、とても可愛がっている羊達の中の一匹。

「羊を自らの手で育てて」、「自らの手で時間をかけて捌いて」、「すべて残らず食べる」。

これなら「肉を食べる」というか、「肉を頂く」意味がなんとなく理解できるんだけど。

それ以外はどうなんだろう?

これを疑問に思って以来、「肉」を食べてもおいしいとは思えず、食べたいとも思えず、ここのところは「食べない」を選択することが多い。

ブルターニュで羊を見た、その後のドルドーニュの農場でも魚と野菜中心の生活であった、そして今いるプロバンスの農場はBIOにこだわっているし、マクロビオティック食生活である(たまーに肉は食べる)。

これが、私が「食」をより深く考えるきっかけになっている気がする。

ここでは、お菓子を作るのも、小麦はほとんど全粒子は使わない。
そば粉や米粉に代替したり、豆乳や米乳、オリーブオイルで作っている。
卵や牛乳はあまり使わない。
そして、ゼラチンの代わりは寒天。
これまで、お菓子といえば、小麦粉・バター・牛乳・砂糖。だったけど、ここでは違う。

でもおいしい。
そう、でも「おいしい」のだ。

フランス生活に慣れた半年過ぎ去って、またいろんな変化が自分の中に起きているのかも。

※BIO…フランスの有機栽培の食品やそれらを使った加工商品(オーガニックと同意)
卵や牛乳、肉の場合は、餌がBIOであること、外で放し飼いのような状態で飼われている(一日何時間以上外にいて、一匹辺り何m以上とか決められている)ことが条件。
注:私の知識が間違っているかもしれないので、興味のある人は調べてみてください。
2011.11.09 Wednesday 06:08 | comments(8) | trackbacks(0) | (働&休) | 

スポンサーサイト

2015.03.16 Monday 06:08 | - | - | - | 
kana (2011/11/15 3:53 PM)
自分はなるべく肉を食さないように選択していても、一緒にいる人をそれに巻き込んでしまうことを考えると、毎晩夕ご飯を作る時悩んでしまう。

てゆーかあと1ヶ月やんね。。。時がたつのは早い。。
みに。 (2011/11/16 5:39 AM)
ここの人の前の旦那さんは、肉も食べるしチーズもよく食べる人だったらしく、食事を2種類作ってた。って言ってたよ。
まぁ、とても大変なことだけれども。
「肉エキス」はどうなのよ?それが許せるなら、自分は食べないけど、相手には食べてもらうってのも選択できると思うわー。

そうよー。あと1ヶ月。ほんとあっと言う間。
kana (2011/11/16 11:28 AM)
うちも、実家ではいつも2種類作ってるが。
肉を「体に取り入れる」ということよりも、それに対してお金を払って消費することで「需要を生む」ことが根源だと思うので、エキスならいいとかじゃないかなー。
みに。 (2011/11/17 6:17 AM)
そうか。私の場合は、「体に取り入れる」ことを考えていたから、スタンスが違うのだな。

うーん。kanaの考えでいうと、相手にも「なるべく食べない。」を選択してもらうことになるよね。相手が納得してくれてるなら良いとは思うけど、確かに押し付けはよくないかもしれないな。難しい。。
kana (2011/11/17 12:12 PM)
でも、えりのスタンスも突き詰めていけば、「需要を生まない」っていう私のと同じじゃない?
「自らの手で育てて、自らの手で時間をかけて捌いて、すべて残らず食べる」ものならば体に取り入れることを受け入れられるが、そうじゃないものであれば取り入れたくないと思うのは、その消費の方法を間違っていると思う→その消費の方法をサポートしない手段として体に取り入れることを避けるってことじゃないの?
だって、そうじゃなければ、その肉のソース(どこから来て、どういう風に生産されているのか)を明確にできなければ、体に取り入れても構わないかもしれない、ということになるから。

とりあえず、最近は食品を買うのにはいろいろ気を遣う。carbon footprintとか、いろいろ考えることは多いよね・・・。大変だ。

ていうか最近コンポストに興味があって仕方なくて。家でやろうよーって話してるよー。

みに。 (2011/11/18 5:21 AM)
コンポスト、いいねぇ〜。
臭いにちゃんと気をつければ、家庭菜園にも十分に使えると思う!
ベランダで、ロケットとかラディッシュとか栽培すれば、かなり簡単に育つし、おいしいよ。

私の場合、よく分からないものを食べるのは嫌だし、というか、そもそも「肉」って身体に本当に必要なのか?とも疑問に思えてきたんだ。
だから、本当に「肉」を食べなきゃ生きていけなくて、それがどこでどんな風に育って、殺されて「肉」になったかを知って、その上で十二分に納得できるなら、食べてもかまわない。と思う。
でも、今の消費の方法は違うと思うのは同じだよ。
だから、突き詰めれば同じな気もする。
うーん。難しい。

まぁ、でも私達がそう思うなら、私達はなるべく食べないを選択しよう。
kana (2011/11/18 1:54 PM)
ロケットって何?

肉は実際そんな必要じゃないはず。むかしの人間はこんな頻繁に肉が手に入る状況になかったから週に何度か食べれれば、って言う感じだったし、それにそれで十分体は保てる。私も入院したとき、病院で出される食事の肉の量の少なさに驚いたもん。野菜ばっか食べても絶対具合悪くならないけど肉ばっか食べてると具合悪くなることとか、実体験からわかることも多いよね。
まぁ、そんなこんなで、豆腐ラブ。
みに。 (2011/11/19 6:10 AM)
ルッコラだ!

豆腐ラブ。moi aussi.
こっちでは、日本の豆腐みたいのはなくて、味付きの固めの豆腐が売ってます。









<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>