SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< ロワール一人旅 | main | 最近の悩み。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.03.16 Monday  | - | - | - | 

ドルドーニュ川で鶏たちと暮らす

ドルドーニュ川に程近い山間、ビオの養鶏・ハーブ・野菜作りをしているところでした。
もちろん、私の興味のハーブもあったけど、冬近いということで、ハーブは越冬準備が主な仕事。
毎朝、鶏の世話をして、その後は、ハーブの仕事やハーブティを作ったり、チャツネやトマトソースを作ったり、野菜の収穫したり、、、、
さらに、ここは、畑を耕すのはトラクターは一切使わず、すべて馬を使ってやっているので、馬さんとも一緒にお仕事。
トラクターを使うのと馬を使うのでは、大変だけど、「土」にとっては良いみたい。
確かに、トラクターで踏んだ「土」と馬が踏んだ「土」では、全然触った感触も違った。
ちなみに、フランスでは、馬の労働は週に三回と決まっているので、それ以上は働かせてはいけません。

そのほかにも、夏はソルベを作って売っていたり、石鹸を作っていたり、お店を持っていたり、
本当に様々なことをやっている農場でした。

ここでは、常に私ともう一人のWwooferが働いていて、フランス人の女の子2人と一週間づつ働きました。
一人目は、ベネディック。
改造した車の中で生活している彼女は、もう一年くらいいろんなところでWwooferやStargeをしている子。
車を持っているので、夜にお酒を飲みに行ったり、feteに連れてってくれたり、一週間しか一緒にいなかったけど、とても仲良くなったなぁ。
一緒にドルドーニュ川へも。

二人目は、セシルアンナ。
普段は看護士として働いていて、一週間のお休みを利用してのWwoofer。
一緒にキャラバンの中で寝起きを共に。
よくしゃべる子でしゃべるのも早い…だから少し大変だったけど、いろんな言葉を教えてくれたり、明るくて面白い子でした。

滞在は、2週間だったのだけど、その間にフランスで初めて「ちらし寿司」を作ったり、いろんなことが経験できたところだった。
最後に、ホストのソフィーが「家族みんなあなたと会えて良かったと思っているわ」と言ってくれて、すごく嬉しかった。
いろんなとこをさせてくれて、本当に楽しかったなぁ〜。
2011.10.26 Wednesday 04:22 | comments(0) | trackbacks(0) | (働&休) | 

スポンサーサイト

2015.03.16 Monday 04:22 | - | - | - | 









<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>